bg.jpg

アンテロープ×桃太郎ジーンズのコラボモデル「迎撃」がかっこよすぎる! 詳細&色落ち写真など。

j130603-antelope01.JPG

福岡市内の桃太郎ジーンズ取扱店「アンテロープ」(アメカジのセレクトショップ)に、桃太郎ジーンズとのコラボジーンズがあります。

その名も「迎撃(GEIGEKI)」。

アンテロープ訪問の際、迎撃モデルについてもたくさんお話を伺ったので、その内容をまとめました。

迎撃(げいげき)は、ただのコラボモデルじゃない。

▼迎撃の新品と色落ちサンプル。

j130603-antelope02.JPG

ディテールをアレンジ(別注)した桃太郎ジーンズのコラボジーンズは割とあるそうなんですが、迎撃が特別なのは「生地もオリジナル」っていうところ。

これすごく貴重(というか大変)なことで、最初、アンテロープの店主さんが桃太郎ジーンズに提案したときは断られたんですって。

生地からオーダーするってことは、桃太郎ジーンズ(藍布屋)というより、同グループのコレクト(生地メーカー)とジーンズメーカーとの取引みたいになるってことですもんね。手間もかかるし、布地の販売単位も大きくなるし、っていうことだったそうなんですが、店主さんの情熱で口説き落として実現に至ったのだとか。

店主さんが迎撃モデルを作りたいと思った理由はとてもシンプル。

桃太郎ジーンズが大好きになり、より好みにしたい、オリジナルのを作りたい!って思ったから。「よくいえば情熱だけど、要するに、ワガママだよね」と。男のロマンですねぇ。

迎撃の生地は、通常の桃太郎ジーンズより厚みのある「16.7oz」(桃太郎のレギュラージーンズは、15.7oz か 14.7oz)。より太い糸を使い、織り込み本数も多いため、レギュラージーンズ用の生地とは別に織る必要があるというだけでなく、旧式力織機で織ること自体が(密度が高くて)大変なんだそう。

その大変なことを何とか了承してもらえたのは、桃太郎ジーンズ立ち上げ初期からアンテロープで全レーベルを取り扱った歴史・関係性の深さと、情熱が伝わったからかなぁと店主さん。デニム生地の大きな単位での買取なども承諾し、思いを伝えたそうです。

いまでも桃太郎ジーンズはオリジナル生地のコラボは受け付けていないので、迎撃はかなりレアなコラボジーンズ。口コミでじわじわと人気が広がり、福岡を中心に全国から注文があるんだそう。

迎撃はオーダーメイドです。迎撃モデルの特徴など。

j130603-antelope03.JPG

迎撃モデルはオーダーメイド。

もちろん「迎撃」としての基本仕様は決まってるんですが、シルエットや、ボタンフライかジップフライ(ジッパー)かといったことを好みで選ぶことができます。

既製品にしないのは、お客さんが穿きやすい仕様、1番似合うシルエットで作って、末永く愛用してほしいから。

迎撃モデルの特徴

● 16.7ozのデニム生地(特濃、ジンバブエコットン)。

通常の桃太郎ジーンズより厚い生地(ヘビーオンス)。

染めは桃太郎ジーンズの「特濃」と同じ色ですが、通常の桃太郎ジーンズより太い糸を高密度に織り込んでいるので、仕上がり(生地の色)は出陣レーベルの特濃より濃い、黒に近い色合いです。

▼左が迎撃、右は出陣の特濃。こんなに色が違って見えます。

j130603-antelope17.JPG

↓生地について、店主さんから補足情報をいただきました(6月8日追記)。

迎撃の16.7ozというデニム生地の厚さは、ジンバブエコットンの16.7ozというところに価値があります。

ジンバブエコットンの特徴である、しなやかさを保つ限界ギリギリの厚さなのです。ただ単に生地を厚く織るだけでは意味がありません。デニム生地は厚く織るほどゴワゴワになります。生地は強くなりますが、当然穿き心地が損なわれます。

ですので、迎撃は他のヘヴィーオンスジーンズとは穿き心地が全く違うのです。ヘヴィーオンスなのに穿き心地の良いことが最大のポイントです。

● 革パッチとジャパンライン(左バックポケットの2本線)は、黒。
基本は、黒の革パッチ & 黒の2本線(ペイントor革)ですが、別のバージョンもあります。

j130603-antelope04.JPG

● ボタンとリベットは、銀色。

j130603-antelope05.JPG

j130603-antelope06.JPG

● 縫製糸は、黄色のみ。
通常の桃太郎ジーンズは、部分ごとに、ピンク、オレンジ、黄色の縫製糸が使われていますが、迎撃モデルの縫製は黄色(単色)です。

j130603-antelope07.JPG

オーダーする点

● シルエット
桃太郎ジーンズのシルエットの中から好きなものを選ぶことができます。

● ボタンフライ or ジップフライ(ジッパー)

● 革パッチとジャパンライン(左バックポケットの2本線)
いくつかの選択肢の中から選ぶことができます。

▼ペイント(ブラック)

j130603-antelope08.JPG

▼革(ブラック)

j130603-antelope09.JPG

▼革(ビンテージ・ブラウン) ← わたしはこれが1番好き♪

j130603-antelope10.JPG

シルエット・サイズの選び方

迎撃は生地が厚いけど、桃太郎ジーンズでお気に入りのモデルと同じシルエットとサイズで大丈夫かなぁと思ったので聞いてみたところ、

出陣レーベルで自分にあうシルエット・サイズを選べばOKとのこと。

迎撃モデルはオーダー品のため返品不可ですが、いままでにクレームはないそうです。

注文方法について

基本的には、来店して相談しながら注文した方がいいですが、遠方に住んでいて来店が難しい場合には、電話での注文も受け付けているそうです(アンテロープは福岡市にあります)。

※ 迎撃モデルが注文できるのは、アンテロープのみ。桃太郎ジーンズ直営店や他の取扱店では、迎撃モデルの購入はできません。

店主さんが穿きこんだ迎撃モデルの色落ち

店主さんが、1年半 毎日穿きこんだ迎撃モデルの色落ちを見せていただきました♪

▼迎撃モデル・新品(全体像)

j130603-antelope11.JPG j130603-antelope12.JPG

▼1年半穿きこんだ色落ち(全体像)

j130603-antelope13.JPG j130603-antelope14.JPG

▼ヒゲがきれい!!

j130603-antelope15.JPG

▼コインポケット周辺のアタリ。

j130603-antelope16.JPG

アンテロープの訪問記はこちら。
桃太郎ジーンズ取扱店訪問記(福岡県福岡市): 迎撃モデルが気になる「アンテロープ」に行ってきた!

アンテロープ(公式サイト)

タイプ別おすすめジーンズ


スポンサード・リンク

関連記事

桃太郎ジーンズ高円寺店は、店長さんとのお話が楽しい心地いい空間でした。

桃太郎ジーンズ高円寺店は、こじんまりとした店舗。桃太郎ジーンズ直営店の中で1番小さい店舗で

記事を読む

夫の桃太郎ジーンズ近況: オーダーペイント&裾上げから戻ってきて愛用中♪

さて、結論から言いますと、 旦那さんの桃太郎ジーンズも重ねペイントにしましたー!!

記事を読む

桃太郎ジーンズ見学レポート(7)公式オンラインショップの本拠地行ってきた♪

少し中断してましたが、旅記事再開! 児島旅行レポート、書きたいことがいっぱいありすぎて

記事を読む

桃太郎ジーンズ見学レポート(6)旧式力織機が動いているガラス張りの織物工場

今日は、「岡山中畦店」併設の織物工場をレポート(特別に許可をもらって撮影しています)。

記事を読む

桃太郎ジーンズ見学レポート(1)本店ならではの豊富な品揃えが特徴の「児島味野本店」

そういえばまだ見学レポートらしい見学レポートを書いてませんでした。これから何回かにわたって、見

記事を読む

サイト内検索

  • こっとんこっとん といいます。

    桃太郎ジーンズとの出会いをきっかけに国産ジーンズや岡山児島に興味をもち、児島に旅行にいったり、ジーンズに関する本を読んだりしているジーンズファンです。

    2013年、ジーンズソムリエという資格試験制度が創設されることを知り、猛勉強して資格取得しました。

PAGE TOP ↑