bg.jpg

桃太郎ジーンズ見学レポート(7)公式オンラインショップの本拠地行ってきた♪

公開日: ジーンズ旅行記 

j130430-honsha01.JPG

少し中断してましたが、旅記事再開!
児島旅行レポート、書きたいことがいっぱいありすぎていつ書き終わるのか未だにめどがたちませんが、気長にいきますよ。

さて、「公式オンラインショップの本拠地」ですが、ブロガー向け見学ツアーの中で桃太郎ジーンズのメーカー「藍布屋(らんぷや)」本社(=公式オンラインショップの本拠地)にも行ったので、今日はそのときのレポートです。

藍布屋(らんぷや)本社の様子

藍布屋(らんぷや)本社は、児島駅の海側出口を出て、海に向かって少し歩いたところにあります。

j130430-honsha02.JPG

j130430-honsha03.JPG

一般のお客さんは入れないところですが、ブロガー向け見学ツアーの行程に入ってました。わくわく。

「コレクトン」というコレクト(※)のゆるキャラが出迎えてくれます。この質感は、美東さん(デニム生地の加工の会社)の作かなーと思ったんですが、どうでしょう(真相は確かめてナイ)。 ※「コレクト」は、藍布屋と同じジャパンブルーグループの布地のメーカーです。

j130430-honsha04.JPG

▼ロビーのコレクトン&展示用の手織り機

j130430-honsha05.JPG

j130430-honsha06.JPG

j130430-honsha07.JPG

【関連リンク】 2013本社に現る!(藍布屋本社スタッフブログ)

社長さんとベテラン社員さんから桃太郎ジーンズについてのお話を聞きました。

j130430-honsha08.JPG

このとき聞いた色んなお話の中からいくつかピックアップしてご紹介。

● 桃太郎ジーンズのコンセプト

「人生の相棒」になる究極の日常着を作ろう。

● 桃太郎ジーンズのこだわり

トレンドに左右されない、将来に残るものを作る。

【地元「児島」、国産へのこだわり】

生地やジーンズをもって海外をまわっている藍布屋社長の真鍋さんからみて、織りの技術、染めの技術は日本が一流なんだそう。

児島は昔から繊維産業が盛んで、優れた技術が受け継がれている町。地元に根ざして、地元の技術力を生かしてやっていきたいとのことでした。

● 現在企画中のこと

銅丹レーベルのキングサイズとか、レディス新商品とかいろいろ企画中だそうです。レディスの商品展開、気になります。

● 社長さんが好きな桃太郎ジーンズのモデルは?

ヴィンテージレーベルの1番太いシルエット(品番 0901)がお気に入りとのこと。「最近はこればっかり」だそうです♪ ⇒ 【0901】 15.7oz 特濃インディゴクラシックストレート

タイプ別おすすめジーンズ


スポンサード・リンク

関連記事

福岡市博多区に新しくオープンしたアメカジ・ショップ「はかたD-STOCK」に行ってきたよ♪

はかたD-STOCKは、先月(2013年6月)オープンしたばかりのアメカジ・ショップ。宗像

記事を読む

岡山児島でジーンズタクシーに出会う(乗車する)ための2つのコツ

児島曙ジーンズタクシー登場倉敷観光WEBで見つけた、曙(あけぼの)タクシーのジーンズタクシー

記事を読む

岡山児島に6泊7日の1人旅いってきたよー。楽しかった!!

正確には、7日間のうち、1日は香川に、1日は倉敷美観地区に出かけましたが、あとは児島をウロウロ

記事を読む

桃太郎ジーンズ取扱店訪問記(福岡県北九州市): NIX-JAM Y*storeに行きたくて小倉行ってきた♪

5月下旬の福岡旅行では、小倉にも行ってきました。今回は、途中、赤間にも寄ったので快速電車

記事を読む

キャピタル(KAPITAL)は、店員さんもディスプレイも服も素敵なお店だった♪

日本ジーンズ物語を読んでから気になっていた「キャピタル」。児島行くなら外せないでしょってことで、キャ

記事を読む

サイト内検索

  • こっとんこっとん といいます。

    桃太郎ジーンズとの出会いをきっかけに国産ジーンズや岡山児島に興味をもち、児島に旅行にいったり、ジーンズに関する本を読んだりしているジーンズファンです。

    2013年、ジーンズソムリエという資格試験制度が創設されることを知り、猛勉強して資格取得しました。

PAGE TOP ↑