bg.jpg

桃太郎ジーンズ見学レポート(3)藍布屋(らんぷや)の藍染工房「藍畑(あいばたけ)」

公開日: ジーンズ旅行記 

j130413-aibatake01.JPG

今日は、移転オープンして間もない藍染工房「藍畑」について。

残念ながらまだ藍の状態が万端ではなく(気温が低いと色が染まりにくいそう)「体験」はできなかったんですが、見学させていただいたので工房内の様子などをレポート。

「藍畑」の場所と外観

JR児島駅近くにあった藍布屋の藍染工房「藍のぞき」が、2013年3月、児島ジーンズストリートに移転オープンしました(藍布屋サイトより)。

j130413-aibatake02.JPG

新しい藍染工房「藍畑」は、桃太郎ジーンズ児島味野本店からジーンズストリートをちょっと歩いて「ダニアジャパン(ジーンズ屋さん)」の角を左に曲がったらすぐ左手にあります。

「藍畑」の様子

※ 許可をもらって撮影しています。「藍畑」の工房内で写真を撮りたい場合は、職人さんから許可をとってください。

▼工房はビニールハウス。

j130413-aibatake03.JPG

j130413-aibatake04.JPG

▼藍液の樽。もこもこしてるのとか、

j130413-aibatake05.JPG

▼あまりぷつぷつしてないのとか(発酵具合が違うのかな)。

j130413-aibatake06.JPG

藍染めの色は、染めの回数を重ねて濃くしていくんだそう(1回で染まる色の濃さはそのときの状態によって異なる)。

▼藍色サンプル。藍布屋では、藍の色合いを22色にわけています。

j130413-aibatake07.JPG

▼このくらいの藍にするのに30回くらいは染めるんだそう。

j130413-aibatake08.JPG

藍畑は、実際に藍布屋の製品作りに使われている工房なんですが、藍染め体験もできます(要予約、有料)。体験内容と料金などはこちら ⇒ 藍染め体験について。

旧「藍のぞき」での藍染め体験記は、児島商工会議所の記事で。
藍染め体験(2012年2月23日)

藍畑の見学レポートは、*yayo*さんのレポートが詳しいです♪
桃太郎ジーンズ藍布屋さんの藍畑を見学してきました

藍染めと桃太郎ジーンズ

桃太郎ジーンズを作っている「藍布屋(らんぷや)」は、名前のとおり、藍染め製品のメーカー。

桃太郎ジーンズは、社長さんの「ジーンズを作るぞ!」という鶴の一声で生まれることになったんだそう。

桃太郎ジーンズも、金丹・銀丹レーベルは別として(←この2レーベルは藍染め)、基本的にデニム生地の糸はインディゴで染められてるわけですが、銅丹レーベルにはさりげなく藍染めの布がパーツとして使われていたりして(ヨーク裏とポケットスレーキ)、「粋」です♪

▼桃太郎ジーンズ 銅丹レーベル

タイプ別おすすめジーンズ


スポンサード・リンク

関連記事

桃太郎ジーンズ取扱店訪問記(福岡県宗像市): アメカジ服が豊富に揃う「D-STOCK」に行ってきた!

5月の福岡旅行の際、 北へ足を伸ばして宗像市のD-STOCKも訪問しました。 D-STOC

記事を読む

桃太郎ジーンズ見学レポート(2)藍布屋(らんぷや)の藍染め製品が揃う「鶴の工房」

今日は、桃太郎ジーンズのメーカーである藍布屋(らんぷや)の藍染ショップ「鶴の工房」をレポート。

記事を読む

岡山児島にジーンズ旅行に行ってくるよ♪ 鹿児島からの旅の手配の記録など

▼ハリキリすぎて、まっぷる都市地図「倉敷市」買ったった! 国産ジーンズ発祥の地であり、

記事を読む

岡山児島でジーンズタクシーに出会う(乗車する)ための2つのコツ

児島曙ジーンズタクシー登場 倉敷観光WEBで見つけた、曙(あけぼの)タクシーのジーンズタクシー

記事を読む

天然藍の手染め体験をしてきたよー♪ ~ 藍布屋の藍染め工房「藍畑」

桃太郎ジーンズのメーカー「藍布屋」の藍染工房では、藍染めの体験をすることができます(有料

記事を読む

サイト内検索

  • こっとんこっとん といいます。

    桃太郎ジーンズとの出会いをきっかけに国産ジーンズや岡山児島に興味をもち、児島に旅行にいったり、ジーンズに関する本を読んだりしているジーンズファンです。

    2013年、ジーンズソムリエという資格試験制度が創設されることを知り、猛勉強して資格取得しました。

PAGE TOP ↑