bg.jpg

高級ジーンズを上手に色落ちさせるコツ&洗濯・お手入れ方法を調べた。

公開日: | 最終更新日: 2016/09/02 高級ジーンズの洗濯・お手入れ方法 

j120815-senzai.JPG

今まではただジーンズを穿くのが好きっていうこだわりのないジーンズ好きだったので、知識も全くなく、洗濯もふつうに洗濯機でガラガラやっていたんですが、

高級ジーンズと出会ってブログを立ち上げたからには、まず、洗濯の仕方を勉強せねばなるまいと思い、色々調べてみました。

いい色落ちとは?

スポンサード・リンク

ホント知らなすぎなんですが、色落ちさせたいのに何故「あまり洗濯しない方がいい」っていう考え方があったり、

ジーンズ専用洗剤は「できるだけ色落ちしないように」というコンセプトで作られてたりするのかなぁ?と思っていました。

今回、ちゃんと調べてナルホドーと思ったのですが、

ふつうに洗濯して色落ちさせたら全体が均一に薄くなってしまって(=色あせ)、味わいも何もなくなるからダメなのですね。

ジーンズの味は着古した擦れ感だから、濃淡のメリハリを残すことが大事ってことだ(=いい色落ち)。理解しました。

j120815-iroochi.JPG

上手な色落ちのさせ方としてふむふむと思ったのは、

(1)とにかく穿きこむことと、(2)適切な方法で洗濯すること。

自分で擦ったりする方法もあるみたいですが、わざとらしい色落ちは私はあまり好みじゃないので(失敗するのも嫌だし)、穿きこんで自然に色落ちさせるのがいいなー。

適切な洗濯のしかた

調べた限りでは、衛生面ではもちろんですが、いい感じに色落ちさせるためにも、ある程度洗濯した方がいいみたいです。洗う頻度は、色落ち加減の好みや汚れ方によって。

洗濯方法も思ったほど面倒そうではなかったので一安心。

【最初穿く前に】

ノンウォッシュやリジッドモデルの場合、
穿く前に1回洗う(裏返してしばらくぬるま湯につけたあと、洗剤なしで洗濯)。糊(ノリ)を落とし、縮ませるため。これをしないで穿き続けると、きれいに色落ちせず、生地も傷みやすいようです。

※ ワンウォッシュ仕上げの場合は、着用前の洗濯は特に必要なし。

ワンウォッシュの場合、
着用前に洗うと→柔らかいアタリに(濃淡のメリハリ弱め)、着用前の洗濯をしないと→ハッキリとしたアタリがつきやすい(濃淡のメリハリが強く出やすい)ので、どう育てたいかによって決めるとよいそうです。

【ジーンズを洗濯する際に気をつけること】

● 洗剤の選び方:
漂白剤、蛍光増白剤が入っていない液体洗剤がいいようです。

● 裏返してボタンとチャックを閉めて洗濯し、裏返しのまま干す。より気を使いたい場合は、洗濯ネットの利用 / 短時間コースで洗濯・脱水 / 手洗いなど。

● 熱湯はよくない(色あせしやすい)。

● 単独で洗う。色移りを防ぐため。

【追記】

9月、桃太郎ジーンズのデニム用洗剤を使い始めました!
桃太郎ジーンズの洗剤の使用レポートなど

関連リンク

タイプ別おすすめジーンズ


スポンサード・リンク

関連記事

桃太郎ジーンズのデニム用洗剤:開発苦労話&使用レポ(洗濯前後の写真と感想など)

桃太郎ジーンズには、洗剤メーカー(大同油脂工業)と共同開発した自社ブランドのジーンズ(デニム

記事を読む

アンテロープの店主さんにキレイなヒゲの作り方を教わってきたよ♪

7月初旬、母にプレゼントするお財布を注文しに、母と一緒にアンテロープに行ってきました。その

記事を読む

サイト内検索

  • こっとんこっとん といいます。

    桃太郎ジーンズとの出会いをきっかけに国産ジーンズや岡山児島に興味をもち、児島に旅行にいったり、ジーンズに関する本を読んだりしているジーンズファンです。

    2013年、ジーンズソムリエという資格試験制度が創設されることを知り、猛勉強して資格取得しました。

PAGE TOP ↑